英会話クロノビジョン

英会話スクールを利用する前に注意したいこと

文法がしっかり頭に入っていない段階でネイティブ講師の英会話スクールに行くのは、あまりおすすめできません。

 

文法よりも耳で聞いて慣れることが大切だという意見もありますが、母語でない言葉を大人になってから学ぶ場合、やっぱり論理的に文法を学ぶことが必要です。文法は、スポーツでいうとルールのようなものです。ルールを知らなければそのスポーツをプレイするのは不可能ですよね。

 

文法を学ぶには、高校時代の英語の教科書や参考書で十分です。一通りポイントを押さえるまで読み込みましょう。さらに、英会話にはある程度の語彙力も不可欠です。自信がない人は中学英語の単語帳から始めて、最終的には大学受験レベルまで覚えましょう。CDや音源が付属の単語帳は、正しい発音を学べるのでおすすめです。

 

文法や語彙力にある程度自信がついたら、英会話スクールなどに通って実践してみましょう。いきなり難しめのレベルのコースを受けるよりも、まずは簡単なコースから始めてみましょう。うまくできた経験が積み重なれば自信につながるので、英会話学習に対するモチベーションも上がるはずです。

 

英会話スクールに通う際は、自宅学習も行いましょう。ただ英会話スクールに行きさえすれば語学力が伸びるわけではありません。学んだことを自分なりに噛み砕く時間も必要です。学校で習ったことを復習したり、語彙や文法を確認したりすると効果的です。自習していく中で何かわからないことがあれば、遠慮せず講師に聞いてみましょう。

 

多くの教師はやる気のある生徒に好意的ですから、快く答えてくれるはずです。