英会話クロノビジョン

日本の学校教育の弊害とそれを英会話に活かす方法

みなさんは英語を話したいと思いますか?英語が話せたら、世界が広がるのになあと感じることがありますか?実際に私たち日本人が英語を話せるようになりづらい環境があります。それは日本の学校教育です。今回はそんな学校教育の弊害とそれを英会話に活かす方法を伝えていきたいと思います。

 

ご存知の通り、日本の学校での英語教育は文法に特化しています。最近は幾分改善が見られますが、あまり聞き取りやスピーキングに重きを置いていません。そのため、日本人の多くは英文法には詳しくなっても、英語を話せるようになりにくいのです。なぜなら、単純に外国人と話す機会がないからです。

 

そのため、英語を話せない、もし分かっても英語がスムーズに出づらいのです。本来は会話のための文法であるはずが、文法のための文法という本末店頭の結果になってしまっているからです。しかも会話は、文法のテストとは全く違います。

 

会話では少々間違ったとしても、意味が通じます。前置詞や時制などの多少の間違いをしたしても、英語のネイティブスピーカーであれば十分理解できるからです。ではそのような弊害がある日本の英語教育を、どのように活かすことができるでしょうか?まず私達日本人は、英語の知識がかなりあることを認めることができます。

 

ただその知識を使う機会がないだけなのです。ですから、できるだけ英語のネイティブスピーカーと話す機会を探しましょう。できれば、ネイティブスピーカーと話す前後に文や単語を自分自身で予習、復習してみるのです。独り言でも大丈夫です。

 

そんな時間を毎日少しずつ作り、努力していくなら、必ず英語が話せるようになるでしょう。このように日本の教育を通して得た英語の知識を活用していくことで、英会話の力をつけていきましょう。